多肉植物(クラッスラ)の育て方

ある日、思いついきました。

多肉植物を育ててみよう!

クラッスラを育てる場所

日光が良く当たり、風通しが良い場所で育てましょう。 

ただし、強い日差しに長時間当てないことに注意しましょう。

寒さには、あまり強くありません。

クラッスラの水やり

アフリカ原産の植物なので、少し乾燥ぎみに育てるのがポイントです。

土が乾燥したら、たっぷりと水やりをしましょう。

水のやりすぎに注意。 土が多湿状態となり、根腐れを招きます。

冬は休眠期にあたるので、水やりは控えめにします。

土が乾燥してから3〜4日後に水やりをするぐらいの感覚で大丈夫です。

クラッスラの肥料

生育期にあたる4月〜5月にかけて、薄めた液体肥料もしくは緩効性肥料を少量与えましょう。

ただし、与えすぎに注意してください。

クラッスラの土

湿った環境が苦手なので、水はけのよい用土での栽培が適しています。

市販の多肉植物用の培養土を利用するとよいでしょう。

クラッスラの育て方で注意すべき病気・害虫

つきやすい虫は、カイガラムシや、ハダニです。

 カイガラムシは、葉や茎に寄生し汁液を吸って栄養を奪う害虫です。大量に発生すると枯死に至ることもあります。葉や茎を傷めないように注意しながら、歯ブラシでこそげ落として退治しましょう。また、カイガラムシ専用の薬剤を散布して駆除するのも効果的です。

 ハダニも葉を吸汁して被害をもたらす害虫です。主に葉の裏側に発生しやすい傾向にあります。水が苦手なので少し強めに葉水をすると、ある程度退治できます。しつこく発生する場合は、薬剤を散布して駆除するとよい。

かかりやすい病気は、黒星病や、軟腐病です。

 黒星病は、カビが原因で起こり、葉を枯らしてしまう病気です。感染すると葉に褐色の斑点ができます。雨が多いジメジメとした梅雨に発生しやすいので、風通しをよくしておきましょう。

 軟腐病も梅雨から夏の高温多湿の時期に発生しやすく、土中の細菌が原因で起こる病気です。感染すると下葉に病斑ができ、やがて葉が柔らかくなり腐敗していきます。多湿にならない環境を作り防除しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする