模倣の殺意 中町信

7月7日の午後7時、新進作家、坂井正夫が青酸カリによる服毒死を遂げた。遺書はなかったが、世を儚(はかな)んでの自殺として処理された。

坂井に編集雑務を頼んでいた医学書系の出版社に務める中田秋子は、彼の部屋で偶然行き会わせ遠賀野律子の存在が気になり、独自に調査を始める。

一方、ルポライターの津久見伸助は、同人誌仲間だった坂井の死を記事にするよう雑誌社から依頼され、調べを進める内に、

坂井がようやくの思いで発表にこぎつけた受賞後第一作が、さる有名作家の短編の盗作である疑惑が、持ち上がり、坂井と確執のあった編集者、柳沢邦夫を追及していく。

感想

2人が同じ人へ話を聞きに行くところなど、違和感があり、「何か変だな」と感じながら読み進めると、最後に謎が解け、なるほど騙されたとなりました。

模倣の殺意 (創元推理文庫)

  戻る鼠径ヘルニア② 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする