湾岸ミッドナイトの名言③

22、クルマに対する情熱が無かった、そうだろ。

   続けるコトに大切なのは情熱だと思ってました。

   大切なのは環境ですよ。

   走り続けられる環境にいる。

   続けられる環境に変える、ベストな環境を探して自分をそこに置く。

23、考えるコト、分かろうとするコト、そして見ようとするコト。

   いま目に映るそのモノじゃなく、その向こう側にあるもの。

   どうしてそうなったのか?

   なぜそうでなければならないのか?

   いつも理由を考える、考えなければ何も分からない。

24、自分のキャパが足りないなら自分の基準を上げるしかない。

   人に好かれたいとかじゃなく、お前のまますべてを認める。

   アキオはオレを否定しない。 でも、今のままでいいなんてヌルいコトは言わない。

25、持って生まれた性格って、やっぱ変わらないと思う。

   また分かんなくても、それでいいんじゃないかって。

   いいコトはとこなく、ネガな悪癖とかは変えて行きたいと思いますね。

   でも、それをすると大事なトコも消えて行きそうな気がする。

   分かっていれば、もうそれは悪癖じゃない。

26、気づいた時にはもう遅い、遅いと諦める生き方はイヤだよね。

   今は分からなくても、分かろうと生きたいよね。

   振り返った時、くいの無い人生なんて無理。

   でも、少しでも納得できる生き方をしたいよね。

27、やらないヤツは決してわからない。

   わからないヤツに時間を費やすほど人生は長くない。

28、付加価値の「ある作業」と「ない作業」がある。

   効率よく削れば労力は軽減されコストも下がり利益も増す。

   無駄を「食った」ENGと「取った」ENG、大きな差はない。

   だが、無駄を削り効率を求めたものは必ず「何か」が消えてゆく。

29、何かをやろうとした時、「やらなければできない」が大事なんだ。

   でも、人は知恵がつくと「できるからやる」となるらしい。

   それは、「できないコトはやらない」だ。 それでは先の走りは引きだせない。

  次へ 湾岸ミッドナイトの名言④

  戻る 湾岸ミッドナイトの名言②

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする