OUTPUT 学びを結果に変えるアウトプット大全より

目の前の現実を変えたいなら、どんどん話そう、書こう、行動しよう。

得た知識をアウトプットして「わかったつもり」を卒業しよう。

目で追うだけでなく、声にだして、手で書いて覚えよう。

「話す」「書く」を3回繰り返し、情報を記憶として定着させよう。

インプットには、必ずアウトプットをセットにしよう。

教科書をじっくり読むより、問題をどんどん解いていこう。

うまくいったときも、失敗したときも、その「理由」を考えよう。

疑問や違和感は放置せず、あらゆる手段を使って必ず解決しよう。

成功を収めたいなら、とにかくアウトプットが不可欠。

体験したことを「あなたが」どう感じたのか、飾らずに話そう。

成功したければ、ポジティブな言葉で自分の周りを満たそう。

悪口は1円にもならない。言わないに限る。

話す内容に自身がなくても、とりあえず笑顔で、堂々と発言しよう。

まずは「1回1秒」のチラ見でOK。相手の目を意識しよう。

まずは「いい点」を伝えて、相手の心を開こう。

明日いちばん最初に会った人に、自分から笑顔で挨拶してみよう。

とりあえず声をかけることが重要。迷ったら、天気の話でOK。

「何を学びたいか」を自分に問いかけ、脳にインストールしよう。

話を聞くときは、敏腕記者になったつもりで。

「あいつの頼みならしょうがないな」と思われる人になろう。

残業や飲み会は、評価と関係なし、嫌ならはっきり断ろう。

相手の都合よりも、自分のルールを優先しよう。

ほどよい緊張こそが、高いパフォーマンスの原動力だと心得よう。

身近な人と、最近読んだ本をテーマに、議論の練習をしてみよう。

悩んだときは、手遅れになる前に誰かに相談しよう。

友達はたくさんいらない。親友が3人いればそれで十分。

ほめる=フィードバック。いい行動は、積極的にほめ称えよう。

よかった「行動」を具体的にほめ、相手の承認欲求を満たそう。

「どうしてくれるんだ」よりも、「こうしよう」の方が効果的。

力で説き伏せようとする前に、リスペクトされるような努力を。

「頭を下げる」ことへの抵抗感を捨てよう。

覚えたい事柄は、自分の言葉で誰かに説明してみよう。

「堂々と」「結論から」話すだけで、説得力は各段にアップする。

かっこいいところだけでなく、あえて弱い部分も見せていいこう。

とっさのときに慌てないよう、「テッパン」の原稿をつくっておこう。

商品特性よりも、「どんな得があるか」を伝えよう。

自分が売るべき商品の魅力を、改めて洗い出してみよう。

気恥ずかしさは捨て、まずは自分から「ありがとう」と伝えよう。

仕事相手を「電話派」と「メール派」に分類してみよう。

書くだけで、脳の持つポテンシャルは最大限に引き出せる。

効率よく学びたいなら、ノートは手書きで。

読書の時は、ペンとマーカーを必ず用意しよう。

素晴らしい体験は、「目」より「紙」に焼き付けよう。

会議が行き詰まったら、イラストでもなんでも、好きに描いてみよう。

脳の棚卸しをして、やるべきことは3つに絞ろう。

本の感想をSNSにアップしよう。印象深かった本だけでOK。

構成を考えることに力を割けば、文章はおのずと紡がれていく。

便利な機能を使い倒して、入力速度=仕事のスピードを上げよう。

脳のワーキングメモリを有効活用して、集中力を切らさない。

「気づき」がいつ舞い降りてもいいように、メモの準備を。

ひらめきが欲しければ、考えるのをやめて、ぼーっとしてみよう。

空いた時間をスマホで埋めるのはやめて、「何もしない」をしよう。

問題と徹底的に向き合ったあとは、来るべき時をぼーっと待とう。

カードを使えば、効率よく「脳内ブレスト」が出来る。

「板書」は不要。「気づき」や「TO DO」だけを書き留めよう。

デジタルとアナログの両刀使いで、構想を分かりやすくまとめよう。

伝えたいことをよく吟味してから、具体的な作業に入ろう。

「参加型」のシチュエーションでは、ホワイトボードを活用しよう。

いつか引用できるネタがないか、アンテナは常に高く。

信憑性の高い情報にリーチできる、専門的なサイトを知っておこう。

本や映画の感想をつぶやいて、要約力をトレーニングしよう。

手帳に書いてある目標を「実現する目標」に書き換えよう。

実現したい目標は、胸に秘めるのではなく、どんどん口にしよう。

「書く」よりも、「書くためのネタ探し」に力を注ごう。

説明したい事柄を、図解にしてみよう。

メール開封、即返信で、最大効率のコミュニケーションを。

「たかが文房具」とあなどらず、お気に入りを見つけておこう。

間違えてもいいから、どんどん問題を解いていこう。

「賢くなりたい」のではなく「変わりたい」なら行動あるのみ。

「ちょい難目標」を達成したときの、ご褒美を決めておこう。

何かを習得したければ、「人に説明できる」レベルを目指そう。

教わる人より、教える人がいちばん得。自己成長の絶好のチャンス。

あれもこれもと欲張らず、一点突破しよう。

無謀な挑戦は逆効果。楽しいと思える「プチ目標」を設定しよう。

ハードルは、「いきなり」ではなく、「徐々に」高く。

まずは机の前に5分座ろう。やる気は後からついてくる。

エラーは成功の糧。恐れることなく、どんどんトライ。

どんな仕事でも、自分なりの「楽しい」ポイントを見つけよう。

自分の直感を信じて、「ワクワクする」決断をしよう。

つらいこと、苦しいことは、秘密のノートに思いきり書き殴ろう。

第1稿は素早く仕上げて、「直し」の時間を確保しよう。

「夢」や「理想」を語ると、人がついてくる。

朝、身支度をしながら、口角をちょっと上げてみよう。

自分専用の泣ける映画リストを創っておこう。

長生きしたいなら、「怒り」の感情と上手に付き合おう。

1日7時間の睡眠を、どんな仕事よりも優先しよう。

健康増進はもちろん、「頭をよくする」ためにも運動は必須。

大きなミスの元となる小さな「ヒヤリ・ハット」を見逃さない。

「スキマ時間」X「スマホ」で、アウトプットを日常にしよう。

「楽しかったこと日記」を習慣にして、メンタルと幸福度を高めよう。

アウトプット力と一緒に、健康意識も高めよう。

感想を書くことで、「記憶に残る読書」にしよう。

リスクを上回るメリット多数。とにかく情報発信してみよう。

気軽な交流を楽しみつつ、情報発信のリテラシーを学んでいこう。

有益な情報をコツコツ発信していけば、ブログ収入は夢ではない。

自分の「好き」を、よりマニアックに、書くだけでOK。

  戻るOUTPUT

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする