自問自答をしてみた ~ 現代は情報量が多い

人は、「いる・いらない」などの判断を1日に9000回しているらしい

なので「決断疲れ」が発生する。

決断せずに、全部の情報を拾っていたら、頭の中のハードディスクがいっぱいになってしまい、

必要な情報までもが、頭に入らなくなってしまう!

情報の8割は目から入ってくる 「百聞は一見にしかず」ってところだろうか

特にテレビなどの映像は情報量が多いので、「もったいない」とか思って全て拾う気になってしまうと、大変なことになりますね。

なので、ほとんどの人は、テレビを見ている様で見ていない状態です。(頭に情報が入っていない)

テレビは時間泥棒とも言えますね。 見てるだけ~

 次 自問自答⑮ 耳からの情報は2割

 戻る自問自答⑬ 好きの反対は

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする