「モラルライセンス(倫理的許諾)」とは

「モラルライセンス(倫理的許諾)」とは、「過去によい行いをしたのだから」とスキが出て、「良い判断を下すことにそれほど心を配らなくてもいい」という「ライセンス(許諾)」を、自分に与えてしまうことです。

人は、「倫理的なことを実際に行った」と感じる時、「非倫理的な行動を取りやすくなる」ことを知っておきましょう。

例えば、環境に優しい選択をする人は、「儲けが得られそうなゲーム」でズルをする可能性が高い。

逆に考えると、悪い判断を下したことが周囲に知られて感じるであろう「不名誉な事柄」を想像する時、人は良い判断を下す可能性が高いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする