頭のいい説明「すぐできる」コツより

頭のいい説明 「意識」

 何らかのお願いを通すこと
 相手が行動を起こすこと

頭のいい説明 「基本」

 第1段階 伝える
 第2段階 伝わる
 第3段階 結果が出る

頭のいい説明 「順番」

 1,大きな情報
 2,小さな情報

頭のいい説明 「狙い」

 相手が聞きたいと思っている情報を意識する
 相手が言った「最後の言葉」に返答する

頭のいい説明 「テーマ」

 ①話のテーマを伝える

頭のいい説明 「歩調」

 ②聞き手と歩調を合わせる

頭のいい説明 「お願い」

 「正論」だけでは、人は動かない
 「お願い」で、人は動く

頭のいい説明 「絞る」

 1つの話に結論は1つ

頭のいい説明 「流れ」

 step1 「心の準備」をさせる
 step2 客観的な「出来事」
 step3 自分の「解釈」
 step4 「お願い」

頭のいい説明 「要約」

 長い = 複雑
 短い = 簡潔

頭のいい説明 「情報量」

 重要度が「低い情報」、背景情報は後回し、できればカットする
 重要度が「高い情報」、聞き手が「聞きたい」と思っている情報

頭のいい説明 「質問」

 「オープン・クエスチョン」とは、相手に自由な回答を考えてもらう場合の質問
 「クローズド・クエスチョン」とは、限定した選択肢から相手に返答してもらう場合の質問

頭のいい説明 「意図」

 目標とするイメージ(アフター)と現状(ビフォア)を対比させる
 「結果的にどうなるか」を説明したほうが、話の「意図」が伝わりやすい

頭のいい説明 「箇条書き」

 「相手にメモしてほしいこと」を伝える
 内容を「箇条書き」にする

頭のいい説明 「視覚化」

 「数字」「固有名詞」は、説明の重要ポイント

頭のいい説明 「わかる」

 良い点・悪い点を分けてまとめる
 前後に「結論」を置いて「良い点・悪い点」をサンドイッチする
 「何を話すか」よりも「どう話すか」によって説得力は増す

頭のいい説明 「親近感」

 人は何度も会うほど「親近感」を得やすくなる
 「記憶に残る人」は、エピソードとして相手の記憶に刷り込まれる

頭のいい説明 「誘導」

 相手に話してもらたいテーマの話を自分から先にする

頭のいい説明 「違い」

 「本気かどうか」を判断するのは自分ではなく相手だ
 人との「違い」を見せる
 「自分の本気」を伝える
 「人がやらない」「人ができない」工夫をする

頭のいい説明 「プロセス」

 結果より「プロセス(失敗、努力、挑戦)」を伝える
 成功へのプロセスが、相手の心を動かす

頭のいい説明 「共感」

 自分に興味を持ってくれた相手に興味を持つ

頭のいい説明 「味方」

 自分が話を進めると「得する人」「喜ぶ人」を探す

頭のいい説明 「自尊心」

 1,人は「嫌いな人の話」は聞かない
 2,人は「自分のことを好きな人」を好きになる
 まず、相手のことを好きになる
 相手の自尊心をくすぐる

  戻る 頭のいい説明すぐできるコツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする