宇宙兄弟の名言⑤

34,「人の人生にはいくつもの夢のドアがある」ドアは目の前に見えるんです。開けたいドアはここにあるのに、鍵が掛かっててどうしようも出来ません。鍵が見つからないです。

   「同じ志を持った一生付き合っていける仲間がここにいたんだ」同じ志を持ってそれぞれの場所で頑張っているのを私は知っています。「言うだけだったら誰でもできる」せりかさんの代わりは誰にもできない。

35,人の悪口をいうのは、仲間内で言う人は「凡人」、口に出さない人は「賢人」、不特定多数に向けて発信する人は「暇人」ですから。

36,万策尽きたと思うな。自ら断崖絶壁の淵に立て、その時はじめて新たなる風は必ず吹く。

37,ヒビトはNASAをどう思ってんだ?そう簡単に許せるもんじゃないだろ。

   別に何とも思ってないよ。ただ諦めただけだ。諦め切れないことのために諦めることもあるんだよ。諦めってある意味「決意」に似てるよな。

38,我々宇宙飛行士は、誰でもなれる存在であったか?行動なき自問自答は不毛だぞ。答えは常に「踏み出した先だ」。お前の考えが正解かどうか(行動して)答え合わせをしてみろ。

39,太陽のせいで大変な目に遭ってるけど、やっぱり太陽に癒されるんだな。

40,フィリップは子供の頃、「お前何人だよ」「国に帰れ」とかね。何処に行っても「よそ者代表」だった。

   世界は我々7人だけになったように感じているよ。でも大丈夫だ、「我々は孤独だ。だが1人ではない」。

   俺もう「地球人」でいいや。

41,すぐには原因が判明しないトラブルもある。そんな時人は「仮」でもいいから原因を欲しがる。「原因は私ではない」だが周囲の目は、目印をみつける。そこにいた目立つ奴が無言の因縁を付けられる「問題起こるところにビルあり」私が見てるのは、トラブルの向こう側だ。

42,途方もない作業をず~っとやってると、「これって意味あんのかな~って、考えちゃったりさ」。

   自分のやっていることの「意味」を探す必要はない。やったことの結果が誰かの「意味あること」になればいいんだ。「自分が楽しんだ結果、喜ぶ人がいる」これが私の天職だ。俺にとっての金ピカ。

43,約束を果たした気持ちって「安堵感」だけじゃないんだな。なんだろうなこの感じ、ザワザワしたような、ワクワクしたような。感じているのは「心のブクブク」だ。

44,みんなは俺を受け入れてくれてる。そうだよな俺も、一生消えないなら受け入れるしかない。内ポケットの不発弾も、月まで連れていく。

  戻る 宇宙兄弟の名言④      次へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする