他人の嫉妬から自分を守るコツ

人間関係で悩むことに、他人に嫉妬されるということがあろます。

嫉妬の正体

 他人が自分よりもよい境遇で羨ましい、自分の好きな人が、ほかの人に気持ちがむくのを恨み、憎むことを嫉妬といいます。

嫉妬する人、される人

 人間が嫉妬してしまうのは、トイレに行きたくなるのと同じくらい、当たり前のこと。なぜなら、嫉妬は、動物的な〝発作〟。だから、コントロールがなかなか難しいのです。

男の嫉妬、女の嫉妬

男の嫉妬

・異性だけでなく、同性からも好かれている
・高学歴でいわゆるエリートコース歩んできている
・実家がお金持ちで育ちが良い
・世渡り上手で上司や先輩から可愛がられやすい
・優秀で仕事ができる

女の嫉妬

・美人で異性からチヤホヤされている
・器量がよく努力しなくても何でもそつなくこなせる
・ハイスペックな彼氏、もしくは旦那さんがいる
・人当たりがよく、誰とでも仲良くなれる
・人によって態度を変えたり計算高いしたたかな女性

人の嫉妬から自分を守る方法

①嫉妬深い人を見極める技術と対処法

 嫉妬深い人は、あなたに嫌がらせをしてくる人です。 嫌がらせをしてくる人は相手にしないようにしましょう。

②物理的に距離をとる

 嫉妬深い人とは距離を置くようにする。

③相手の嫉妬心を理解する練習法

 自分の弱みをあえて自己開示してみる

④嫉妬ストレス耐性のつけ方

 自分には秀でた物があるんだと前向きに捉える

⑤嫉妬されることに慣れる心得

 自分から話を振らないようにする

⑥嫉妬の矢を自分以外の場所へ方向転換させる法

 「あなただけ得しているみたいで、ズルいわね」

 対処法は、「それはたまたま運が良かっただけです」

 注意点は、自分が頑張った結果だ。というように自分の努力をアピールしないこと

嫉妬深い人の、ひとつの特徴

 「自己顕示欲の強さ」 常に、人に認められたい欲求がある裏返しです。

同情されるよりも、妬まれる方がいい

 嫉妬は「最高のほめ言葉」と受け取ってみる

 嫉妬を避ける会話のテーマ

嫉妬したときの対処法

 1. 嫉妬している自分を客観視する
 2. 想像で嫉妬していることに気づく
 3. 自分へのご褒美で気分転換する

嫉妬をプラスに変える技術

 嫉妬の対象を目標にする

 自分を磨くチャンスだと捉える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする