個人再生と、自己破産のメリットと、デメリットは? また、気になる、手続きの条件、期間、費用は?

借金で首が回らなくなりそうな気がするので、

「個人再生」と、「自己破産」のメリットと、デメリットについて、

また、気になる、手続きの条件や、期間、費用も調べてみました。

メリットは?

個人再生

  • 支払いや差し押さえを止めることができる
  • 住宅ローンがあっても自宅を手放さなくて済む
  • 民事再生後、現在の債務(借金)を大幅に圧縮できる
  • 自動車や保険などの所有する財産を手放さなくてもよい
  • 自己破産のような資格制限がない(自己破産ができない方でも、民事再生は可能)
  • 免責不許可事由がない(浪費やギャンブルが原因でも手続きが可能)

自己破産

  • 支払いや差し押さえを止めることができる
  • 借金がゼロになる
  • 収入に関係なく、手続きができる

デメリットは?

個人再生

  • ブラックリストに載ってしまうので、一定期間(5年~7年)借り入れができなくなる
  • 手続きが複雑なため、時間がかかる
  • 安定した収入がなければ利用できない
  • 民事再生の手続きが複雑でまとまった費用がかかる

自己破産

  • ブラックリストに載ってしまうので、一定期間(5年~7年)借り入れができなくなる
  • 所有財産(マイホームなど)を手放す必要がある
  • 免責不許可事由がある(浪費やギャンブルなどの場合)
  • 公法上・私法上の資格制限がある

手続きにかかる期間

個人再生

  • 6ヶ月~7ヶ月

自己破産

  • 2ヶ月~4ヶ月

申立ての条件

個人再生

  • 支払い不能のおそれ

自己破産

  • 支払い不能

弁護士費用

個人再生

  • 35万円~ 住宅なし(住宅ありだと、さらに上乗せ)

自己破産

  • 30万円~

住宅の維持

個人再生

  • 可能

自己破産

  • 不可

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする