アドラー流 自分らしく生きる心理学 内藤誼人

はじめに

 人間は、自由な思考を持ち、潜在能力を発揮したいと願い、成長していく存在だ、というのがアドラーの思想である。

 アドラーの心理学は、ものすごくポジティブで、勇気づけられる。

第1章 「人間関係」が楽になる心理学

 1,人に好かれるのは「与える人」

 4,「自分は正しい」という思い込みを捨てる

 9,見栄を張らず、ありのままで

第2章 気持ちよく「働く」ための心理学

 13,「何を手に入れたいのか」を明確にする

 18,優秀な上司は、部下の「勇気づけ」がうまい

 25,失敗した部下へのペナルティは逆効果

第3章 自分らしく「生きる」ための心理学

 28,前向きにあがきつづけるのが人生

 30,過去ではなく、「今と未来」を大切にする

 35,人生は何度でもやり直しがきく

第4章 人を「愛する」ための心理学

 37,与えられたものは、「自分の魅力」に変える

 39,自分に「イイ言葉」をかければ、恋愛にも前向きになる

 48,うまくいくパートナーは力関係が対等

第5章 ありのままの自分で「幸せになる」心理学

 51,自分で「幸せだ」と思っていれば、その通りになる

 53,幸せを追い求めすぎると、不幸を招く

 56,人と比べるから不幸になる

  アドラー流 自分らしく生きる心理学: 勇気がわく! 自信がつく! (知的生きかた文庫)

  名言集自分らしく生きる心理学より 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする