小学生の頃に思ったことを思い出す

私は小学生の頃、運動が苦手だったのだが、ひたすら苦手なことを克服するため、練習をさせられた

練習しても、上手くならないので、友達に、「馬鹿にされた」

水泳は、比較的得意であった(普通)ので良かったのだが、苦手な人は、ひたすら練習をさせられた

別に、泳げなくてもいいよねぇ

苦手を克服させようとする割には、評価(通知表)で順番をつける

そこそこ出来る事は、順番が下がったりした

「どうして、何でもできる人間に成らなくてはいけないのか」 「嫌いなこと(苦手なこと)をやらなくてはいけないのか」

勉強は嫌いではなかったのだが、間違えたところを何度もやり直しする

私は、新しいことをどんどん、教わりたいだけなのにな

突然ですが、やぎさんのお悩み、くるりが解決します!

平均点が高い人が良い生徒、 動物学校の寓話 ですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする