コピーライティングのチェックポイント

コピーライティングとは、人間心理を理解し、言葉で読者の行動を変えることです。

ライティングができる様になると、

 モノを売れるようになる。

 読まれるようになる。

読者の3つの壁

 ①見ない
 ②読まない
 ③信じない

人は怠け者なので、行動しない。

コピーライティングのチェックポイント

1,タイトルで引きつけられるか

 「今すぐ読まなきゃ」と思わせるタイトルにする

 例えば、「最新版」「ついに登場」「今までになかった」「~してはいけない」

 自分が気になるコンテンツを真似するのが良い

2,冒頭の文章(リード文)は適切か

3,感情が動くかどうか

 感情が動かない、論理的感情は不要

 人が行動するのは、感情が動いたときだけ

 例えば、ストーリーを作る

4,ベネフィットと、避けたい欲は提示されているか

 ベネフィットとは、メリットのメリットのこと

 例えば、「やせます」だけでなく、「モテる様になる」

 避けたい欲とは、このままだと、どうなってしまうのかということ

5,たった一人に向けて書けているか

 自分のことだと思ってもらえるか

 例えば、「〇あなたは、」「×みなさんは、」

6,1記事、1メッセージになっているか

 例えば、3つ言うのは、1つも伝わらないのと同じ

7,具体例はあるか

 お客さんの目線に立つ、相手は自分より分かっていない

8,正直に事実を書いているか

 話を盛るのはやめる

 読み手より、ちょっとだけ前にいるだけでO.K

 例えば、「ありのままの姿を見せる」「応援したくなるようにする」

9,出口を作っているかどうか

 ただのいい人になってないか

 お客さんを、どこに誘導したいかを考える

  戻る コンテンツ販売 次へ ブログ集客のコツ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする