昔の仕事をしていて、仕事で失敗する夢

異動になる前の仕事、自動車の試験のドライバーをしていた。

車両の試験のやり方と順序を確認し、開始した。

試験中「なんだか変だ」と感じ、試験を中断した。

車両の準備が、他の試験をする準備になっていた。

「どうして気づかなかったの?」

「すぐに分かるのに!」

自分の仕事に集中しすぎてもダメなんだな。

仕事の目的を理解しないと。

反省。

「夢占いで調べてみた」

昔の仕事の夢

 昔の仕事が夢に出てきたら、仕事に対しての思いが反映されている場合が多いでしょう。

 起きたあとも印象に残りやすいので、ずっと気になってしまう夢ですね。

 現在は全く違う職場で働いていたり、専業主婦(主夫)になっている場合は、昔の仕事に未練があるのではないでしょうか。

 また、現在の自分の状況に満足しておらず、昔の充実した時間を心のどこかでうらやましく思っていることを示唆しています。

 現実から目を背けても良いことは何もないので、現状を打破するための対策をしっかりと考えましょう。

仕事をしている夢

 仕事をしている夢は、疲れや不満が溜まっていることを知らせてくれています。

 なかなか休息を取れずにいるのではないでしょうか。

 また、締め切りが迫っていたりなど、時間的に追い込まれている時にも見やすい夢です。

 この辺で少し自分を休ませてあげなければ、取り返しがつかない事態を招いてしまう可能性を警告しています。

 疲れで重大なミスをしてしまったり、大事な事を忘れてしまう恐れもあるので、一度リフレッシュする事をお勧めします。

仕事が思うようにいかない夢

 仕事が思うようにいかない夢は、仕事で失敗したらどうしよう、など自分が普段の生活において何かしらにおびえる気持ちの表れです。

 自分の見た夢が悪い内容だと、「夢で良かった」とホッとしていないでしょうか。

 自分が抱えている仕事で失敗したなど、上手くいかなかった内容であれば尚更でしょう。

 仕事が思うようにいかない夢は、夢占いにおいて「仕事が思うようにいかない」ことが現実になるわけでありません。

 これは正夢ではなく、上手くいかないという日常生活の恐怖心が形になって夢にでてきているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする