お店のオープンイベントに行く夢を見る

家の近くに新しい建物が出来ていた。

その建物がオープンイベントをやっていたので、母と行くことになった。

行くと姉さんと子供が居た。

コーヒーが無料でもらえるとのことで、私は、興味なかったが、並ぶことになった。

自分用のチケットを受け取り、最後(母、姉さんと子供の後ろ)に並んだ、意外とスムーズに順番がきた。

私の前に並んでいた姉が、店員さんに「コーヒー(5人分)を前の方に渡しましたよ」と言われていたので、私も貰わずに外に向かった。

しかし、自分の分はなかった。

ポケットの中には、チケットが入っていた。 並びなおすにも、長だの列が出来ていたのでやめた。

「夢占いで調べてみた」

行列の夢の基本的な意味

 行列を見ると並びたくないと感じる人もいるでしょう。 またはそこに並ぶことで安心感を得られる人もいるかもしれませんね。

 夢の中の行列は、マンネリや押し付けられたルールや道筋の象徴となります。行列の夢を見た場合、あなたが行列に対してどんな立ち位置にいて、どう感じていたのかがポイントです。

 行列に並んでいて何も感じていなかったのなら、あなたが自分で考えることはせずに、人が準備してくれたレールの上にいて安心感を得ていることを示しています。それはそれでいいのかもしれませんが、時には自分で考えることも必要になるかもしれません。

 逆に嫌々行列に並んでいる夢だったなら、自分の意と反して、誰かのいう通りにしている、道徳観念にそっていることを表しています。

 行列を見ている夢だったなら、あなたがすでにマンネリ化した日常や、決められた毎日から逸れていることを表しています。

 行列を見ていて何も感じていないなら、その状態があなたに合っていることを意味し、不安に感じたならあなたには自由よりもルールや規律が必要だということを意味しています。

行列に並ばない夢は合理的な思考の暗示

 行列に並ばない夢を見た際には、冷静に考えてどんな行動をすれば、より多くのメリットが得られるか理解出来ることが暗示されています。利益の最大化について、的確な見極めをすることが出来るでしょう。一つのことばかりに執着して、物事の全体像を捉えられないような未来を避けて通れるのです。周りの人達が間違った行動をしていても、自分だけは合理的な判断が出来るようになります。惑わされない強い意志が芽生える兆しと言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする