上司と面談をする夢を見る。

ボーナスの査定が下がる ことを伝えられていた。

上司からは数字だけ提示され、1ヶ月分少なかった。

上司は、何年も前の上司だった。

理由を聞こうとしたところで目が覚めた!

「夢占いで調べてみた」

  • 面接をする夢

 面接とは誰かに判断・評価される場ですが、夢の中でも面接は人からの評価などを象徴しています。

 面接の夢の場合、一番の鍵は面接中にあなたがどういう気持ちだったかということです。

  • 面接で不合格になる

 面接で不合格となることによってガックリと落胆してしまう夢は、逆夢である言えます。

 わかりやすく言うと、夢に見たことは実際に起こらないのです。 諦めることなく努力を続ければ、事態が改善されるチャンスがあるということになります。

  • 上司の夢

 上司というのは、職場で自分よりも上の立場の人のことですが、上司が印象的な夢を見た場合、その夢はあなたの仕事運や職場での人間関係を暗示する夢となります。

 上司の夢のポイントは、夢の中の上司とどういう雰囲気だったかということです。

  • 昔の上司がでてくる夢

 昔の上司がでてくる夢の中には、向き合っている仕事について悩んでいる点を解消できる可能性が示唆されています。

 助言を受けて、一つ一つ丁寧に向き合いながら、解決に繋げていけることが示されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする